オススメ記事

まだできることはある

2017年9月18日

暑いのは嫌いだし、プールも海も嫌いなのに、夏が終わるとなぜかちょっと悲しいのは私だけでしょうか?

今年の夏ですが、あなたは海やプールに行きましたか?

私は花火は見に行きましたが、夏らしいこと、海やプールには行ってません。海ってべたべたするし好きじゃないんですよね(笑) 子どもの頃は夏になると毎日のように外で遊んでいたのに、大人になると仕事上もありますが、外よりも室内にいることのほうが多いですね。

 

話は変わりますが、大人になると、私たちの行動範囲は広がって、多少のお金を持つようになって、様々な場所に行くことができるようになります。しかも自分の意志で。今この瞬間、あなたの意志でどこかへ行くことができるのです。今から海外へってのもできるわけです。

 

私たちは何か追い詰められた時、よく「もうできることがない」と言ったりします。もうやれることは全てやったから、もう終わりだって。それが精一杯やったと言うのなら良いかもしれませんが、ほとんど何もやっていないのに、考えていないのにもかかわらず、もうできることはないというのはいかがなものでしょうか?

 

 

私たちはちょっと足を延ばせば、雪の降る季節にだって、プールで遊ぶことができます。プールは夏に行くものだと一般的には考えられていますが、室内プールであれば、冬にだって行くことができます。もっと言えば、自分の自宅にプールを作ることだって可能です。夏が終わって、私たちがプールに行きたいと望んだ時でも、それができるのです。

 

「まだできることはあるのです」

 

昔はできなかったかもしれませんが、今はできます。子どもの頃は親次第だったかもしれませんが、今は自分の意志でできます。勝負は諦めるまで終わらないというのは、そういうことです。