オススメ記事

ブログのアクセスが0という無人島で路上ライブのような状態に苦しいとき

2017年11月14日

「ブログのアクセスが0です」もうやめますというあなたへ。

ブログのアクセスが1の私がエールを送ります。

はい。どうも青山です。

今回はブログのアクセスが0の時代を切り抜ける力についてです。

 

冒頭の件ですが、1+1の答えまでたどり着いた小学生が、隣の席の子に教えるのと同じスタンスです(笑) 1というのはさすがに盛りましたけど。

逆に鯖を読むというやつです。

 

私もかつて、アクセスが0という事実に心が折れそうになったことがあるので、共有します。というか折れたので共有します。

 

「アフィエイトを始めましたが稼げません」

「ブログを始めてみましたが飽きました」という場合の最大の原因は、

アクセスがないこと(集客できないこと)に尽きると思います。

 

もう突き詰めてみれば、行き当たるのがほとんどの場合そこだと、私はある種の確信めいたものを感じています。

 

ブログを読んでくれる読者さんは、言ってみれば、リアルなレストランや洋服屋に訪れるお客さんと同じです。お客さんが来てくれなければ、どれだけ良い商品を並べようが、価格をいじろうが意味がありません。この集客に関しては、まさしく死活問題で、この問題を解決できないことで数え切れないくらいの会社がつぶれています。逆に言うと、集客さえ途切れることがなければ、よほどひどい商品を売っている・接客がひどいなどの問題がない限りはやっていけます。

 

アクセス(集客)というテーマに関しては、オンライン・オフライン関係なく、かなりの数の人が悩んでいて、そして、解決するのが難しい問題です

 

ですが、この問題を解決できなければ、待っているのは廃業です。

 

・ブログのアクセスに悩む人が、たどり着く可能性のあるものが、【SEO対策】です。しかし、これこそ、絶対というものは存在しない最もたるもので、ここを突き詰めるというのは、ネット上の支配者であるGoogleの頭脳に戦いを挑むということでもあります。ここで限界を感じて挫折する人も多いです。

Googleにとって、大事なのは、ユーザーに価値ある情報を提供するということです。

 

ですから、我々アフィリエイター(ブロガー)がやるべきことは、実際のところただ一つです。【SEO対策】などという小手先のテクニックではなく、

※タイトルのキーワード選定には気を使ったほうが良い。

 

ネットユーザーに【価値ある情報】を提供するというただそれだけのことです。

 

そこに全力を賭けるべきなのです。

 

そう簡単ではないんですけどね。

 

ブログというのは、記事を投稿して、すぐに成果の出るものではありません。ブログ開始3ヵ月くらいは、アクセスが全くこない場合もあります。

 

・長期的にブログを運営していく覚悟がある。収益化を本格的に目指しているという場合には、独自ドメインの取得をオススメしますが、独自ドメインの場合は、長期的な運営でこそパワーを発揮しますが、始めたばかりの頃は弱小なので、アクセスが来ません。ですから最初の頃は、ちょっと気合いを入れて踏ん張らないといけません。それこそ、無人島で路上ライブをやるようなものです。寂しくて声が出なくなりそうでも、必死でメッセージを発信し続けなければなりません。しかも報われる保証はどこにもありません。

アフィリエイトの失敗は、ある特定のブログで稼げないことではなく、ブログを書くのを辞めるということです。アクセスが来なかったら、問題を探り当て、解決に向かえばよいのです。その前に辞めてしまっては全ての扉が閉じてしまいます。

ちなみに

私は独自ドメイン取得後に検索からのアクセスが増えたので、本気でやるなら独自ドメインを取得したほうがよいです。

 

・アクセスアップというか、ブログ運営の戦術として、複数のブログを数ヵ月程度運営して、結果が出たものだけを残していくという方法もあります。アイデアは、あなたの頭の中にあるだけではその良し悪しはわかりませんし、もったいないです。いける可能性があると思っているのなら、市場に判断をゆだねてみるのも良いと思います。

 

・最後にブログの文章についてです。

ブログというのは、文字を使って人の心に影響を与えることなので、本格的にアフィリエイトをやっている人たちは皆、【コピーライティング】というスキルを勉強しています。

【コピーライティング】というのは、まさに文章で人の心を動かすスキルです。セールスマンは対面販売で、言葉(声)を駆使して商品を販売しますが、それを文章でやるということです。

 

「あなたはこんなことに悩んでいませんか?」

「この商品はあなたの問題を解決できます」

「11月30日までの限定販売です」

といった文章のことです。

 

あなたも目にしたことがありますよね?

こういった文章ですが、ものすごく考えられたもので、背景には【人間の心理】があります。

 

「あなたは(こんなこと)に悩んでいませんか?」という文章を見て、

「あっ私のこと言ってる」と思ったら、

気になって先を読み進めてしまいますよね?

 

そういう【人間の心理】を利用して、と言ったら聞こえは悪いですが、【人間の心理】を理解したうえで、メッセージを発信していくというのが、【コピーライティング】です。

 

ではなぜ、アクセスアップに【コピーライティング】が有効なのかと言うと、まず、アフィリエイトではブログなりで商品を売るので、文章を使ったセールス方法である【コピーライティング】を学ぶというのは理にかなっています。

そして、今回のテーマであるアクセスアップについてですが、このスキルを習得することによって、例えば、ネットユーザーがクリックしたくなるようなタイトルをつけることも可能ですし、ユーザーに読まれるような文章を書くことでアクセスアップを図ることが可能です。

 

ユーザーに読まれるような文章とは何かというと、ブログを始めたばかりの頃って、勘違いしやすいんですが、ネットユーザーは、あなたの文章を全くと言ってよいほど真剣に読みません。

 

【コピーライティング】の基本的な考え方で、【NOT READ】というものがあるのですが、これは何かというと、人は文章を読んではくれないという考え方です。

あなたがどれだけ頑張って記事を書いても、あなたがおもしろいと思うような記事を投稿しても、大半のネットユーザーはそれを読んではくれないのです。その事実を冗談半分に受け取っていると、誰にも読まれずにアクセスが来ないという現象が起きます。

 

それを避けるための、一生懸命書いた記事を読んでもらうための【コピーライティング】です。

 

ここまでいくつか書いてきましたが、

やはり、一番は、良い記事を日々増やしていくということに尽きます。

 

無人島でのライブでも、歌い続けるのです。

 

あの福山雅治だって、無名時代のライブでは数人の前で歌っていたそうです。今有名なブロガーだって、何千万と売るアフィリエイターだって、駆け出しのころはあったのです。

あなたは今その壁の前にいるのです。

 

まとめ

・ネットユーザーにとって価値のある情報を発信する。(役に立つ・おもしろいなど)

・記事数を増やす。一説には目安として100記事などと言われていますが、テーマなど様々な要素が絡んでくるので、「100記事書いたのになんで?」とか「100記事書けば稼げるんでしょ?」とか考えないほうが良いです。あくまでも大事なのは市場の評価です。

・無料ブログは、始めのうちはアクセスが取りやすいが(会社のドメインが強い。ブログサービス内での交流等)、突然消されるリスクがある。また、私の経験上、独自ドメインは無料ブログに比べ、選定したキーワードで上位表示させるのが簡単です。

・アクセスが0で心が折れそうになっても、記事を書き続ける。メッセージを発信し続ける。自分を無名時代の福山雅治だと思い込む。

・コピーライティングを学ぶ。

・【SEO対策】はほどほどに。ネット上の情報ではやったほうがよい、やらなくてもよいと極端に偏っている場合が多いが、私はキーワード選定はしっかやるべきだと思います。特に記事のタイトルは、広告で言うところのヘッドコピー(一番最初に目につき、ユーザーが読んでみようかどうかの判断に使うもの)の役目を持っているので、検索順位の上位を狙え、かつクリックしたくなるキャッチーなタイトルをつけることを意識してください。

 

それでは。

お読みいただきありがとうございました。