オススメ記事

仕事を辞めたことを後悔するのか?という心配について

仕事辞めても後悔しないですよ。というよりむしろ、「なぜもっと早く辞めなかったのか?」と自問する毎日です(笑)

仕事を辞めようかと迷う時って、「もう今の会社にいるのがムリ」「今すぐおさらばしたい」という場合もありますが、

単純に「今後の生活が心配だから」といった経済的な葛藤以外にも、場合によっては、今いる会社の良い面を捨てることへの葛藤もあると思います。

全てが嫌な会社ってそれほどないと思いますし、何かしら気に入っている点ってあると思うんですよ。

身体的につらいけど、給料は良いとか、給料は安いけど、あんまりきつくないとか。

 

そういう時って、次にちゃんとした職場が見つかる保証もないですし、「辞めちゃっていいのかな?」と迷いがちだと思います。

 

 

これに関しては、私も正直悩みました。

 

嫌でしたけど、もう嫌で嫌で仕方なかったですけど、良い面もあったことは確かです。そして、もうちょっと後のことをちゃんと考えてから辞めることだってできたわけです。

 

でも私は辞めました。

 

辞める前は考えましたよ。

 

「後悔したらどうしよう?」って。

 

 

ですが、結果的にですよ、結果的に、心から辞めてよかったと考えています。

 

今後後悔する可能性はあるのか?という危惧もありましたが、それもなさそうです。むしろ、そのことについて考えれば考えるほど、「なぜもっと早く辞めなかったのか」と自分を責める日々です(笑)

 

やっぱり時間ってすごく大事ですよ。

至る所で言われていますけどね。

どうにも、それをわかっていない人が多すぎるようです。

 

生活のために嫌な職場で我慢して働き続けるって何かおかしくないですか?

嫌な職場に利益をもたらすために、嫌な上司の評価を上げるために、あなたが今日、食事をして、睡眠をして、一日の多くの時間を使って働くって、何かおかしいと思いませんか?

 

目の前に問題があって、不安になってしまう時って、実際以上に問題を大きく見積もりすぎている気がします。

例えば、「私は学歴がないから、資格がないから、次の職場は見つからない」って。

 

でも冷静に考えてみれば、そんなことないですよね?

 

そこから抜け出してみて気付くことってたくさんあります。「自分はなんて視野が狭かったのだろう」と驚くはずです。

 

未来は見えないから、恐怖を感じてしまうのは仕方ありません。

私もそうです。

 

でも目の前の問題は、逃げ続ければ逃げ続けるほどに、大きくなっていくだけです。

今日耐えれば、明日大丈夫になりますか?

そんなことないですよね。

明日には、問題は大きくなっているだけです。

 

それは放っておいたら、鬱病と言うカタチで現れてしまう可能性だってあります。

 

仮に何もせずとも、「今のところでやっていくか」となったのだとしたら、それは自分の選択の結果そうなったのではなく、無力感からの諦めだと私は思います。

そうなる前に動き出しませんか?

 

会社を辞めたら後悔するのではないか?と心配しているのなら、「それはないです」とだけ、今は言っておきます。