オススメ記事

置かれた環境を嘆くばかりの人たち

2017年9月18日

もしあなたに今恋人がいなくて、恋人がほしいと思ったとき、あなたは何をしますか?

どうも青山です。

大人になると、学生時代とは異なる環境に置かれ、女性だけの職場だったり、男性だけの職場だったり、同世代の人たちがいなかったり、出会いがないと嘆く人たちが多くいますね。学生時代であれば、共学であれば、出会いは毎日のようにありましたね(笑)

 

もしあなたがそのような立場に置かれたとき、どうしますか?

 

 

世の中の多くの人たちと同じように、ただこの世を嘆くばかりでしょうか?

 

 

幾人かの人たちは、そのような状況であってもただ歳をとるのを待つのではなく、行動を起こします。彼らや私、そしてあなたは、人生は自分で選択していけるということを知っているのです。

 

少し考えてみればその方法はたくさんあります。

 

合コンに行くのだってそうです。出会いがないという現代人の悩みをビジネスチャンスと見込んだ様々なビジネスもありますね。

 

出会いを求めて、夜な夜な街へと繰り出す人たちを、笑う人たちもいます。自分では何もしようとしない人たちです。

 

例えば草食系男子と呼ばれるような人たちは、「出会いを求めて戦うなんて(笑)」、そんな面倒くさいことしたくないと言うかもしれません。

でも結局のところ、最後に価値あるものを手にするのは、彼らが笑うような人たちなのです。

 

戦っている最中は、これはうまくいくのだろうか?

こんなことしていて意味があるのだろうか?と不安を感じるかもしれません。

 

でも最後に何かを手にするのは、戦い続けた人だけなのです。

 

たくさん失敗して、その過程で失うものもあるかもしれません。でも求め続ける過程には、きっと意味があるのです。

 

それでも、ただ人生が終わるのを待ちますか?