オススメ記事

市販の酎ハイを飲むと頭が痛くなるという人は人工甘味料に原因があるかも?

2018年9月24日

ちょっとした生活の中での気付きです。

酎ハイを飲むと頭痛が・・・

20歳くらいの頃はそんなことはありませんでしたが、ここ1,2年くらいのことでしょうか?市販の酎ハイを飲むと頭痛がするようになりました。

飲んでから2時間くらい経つとなぜか頭が痛くなってくるんですね。

 

それでいろいろと調べてみたら、同じように症状を訴える人たちが多数いることを知りました。

「安い酒は悪酔いする」と言いますが、原因は市販の酎ハイが安い焼酎を使っている使っていることにあるのでしょうか?

そして調べてみてわかったことは、もしかしたら人工甘味料が原因なんじゃないか?ということでした。

人工甘味料

人工甘味料って、いかにも人工的に作られたかんじがして健康に悪そうですよね。

この人工甘味料には、お酒の場合には、アセスルファムカリウム、アスパルテーム、スクラロースなどが含まれています。早口言葉に出てきそうですね。そして絶対噛みますよね。

この人工甘味料は、よく「糖類ゼロ」と謳われているお酒にも使用されています。意味わからないですよね。

糖類というのは、ブドウ糖と果糖などを指すようで、食品業界の定義では人口甘味料は糖類ではないらしいです。

ちなみに糖類は血糖値を上昇させますが、人工甘味料は血糖値を上げません。ますます意味わからんですな。

 

そしてもしかしたらこの人工甘味料が、頭痛に影響しているのではないか?ということなのです。

人工甘味料が含まれていないお酒を飲んでみる

人工甘味料が含まれていない酎ハイも市販されています。

なので私はお酒のパッケージの裏面を見ながら、お店で人工甘味料のアセスルファムカリウムなどが含まれていないお酒を探しました。

 

「なっ、ない」

 

 

まさかのほぼ含まれていました(笑)

 

レモンサワーとかお酒にレモン絞っただけかと思いきや違いました。

 

そしてやっとのことで見つけたお酒は次の2点でした。

ストロングゼロ DRY SUNTORY ALC9% 甘さ0です。全く甘くないです。昔だったら飲めなかったと思いますが、でも今はなぜかこの甘味0が愛おしいです。ヒロシです。

本絞り(レモン、オレンジ、グレープフルーツ)KIRIN ALC6% 香料・酸味料・糖類無添加です。ふつうにおいしいです。

この2点に関しては、飲んでも頭痛になりません。

甘いお酒が飲めなくなった

基本的に私は、市販のお酒では上に挙げた2点以外買いませんが、先日ちょっと「もぎたて」の新味が出ていたので飲んでみたのですが、見事に頭痛になりました。そして久々に甘いお酒を飲んだのですが、想像以上に激甘でした。

昔はビールのおいしさがわかりませんでしたが、今はわかりそうでこわいです。いつまでも子どもでいたいです(笑)

それでは。

 

市販の酎ハイを飲むと頭が痛くなるという場合には、甘くないお酒を試してみてください。それでもダメだったら、たぶんお酒をやめたほうがいいと思います(笑)

お読みいただきありがとうございました。