オススメ記事

自分の頭で考えない奴は損をする

「いや大丈夫です」と言っても、一度でも声を発してしまうと彼らは結構しつこく押してきますよね?

東京の渋谷や新宿の飲み屋街を歩けば、大阪とかも激しいですが、いわゆる居酒屋のキャッチが大勢いますよね。あなたは居酒屋のキャッチに肯定的ですか?それとも否定的ですか?

私は完全に否定派です。あまり知らない人とは関わりたくないので基本的にはうざいと思っています。はい根暗ですすみません。

 

私と同じようにうざいと思っているなら、一瞬でも迷う素振りを見せたら最後ですよ(笑) けっこうしつこいですからね。まぁ何も言葉を発せず見向きもしないというのが一番ですが、彼らもよかれと思って仕事でやっているので、彼らに敬意を表するという意味でも、完全に断るという意味でも、「もう食べてきました」ほど強力な断り文句はないという結論に達しました。

そうすればたいていの場合、「またよろしくお願いしまーす」とお互い当たり障りなくやり過ごせるはずです。

 

かくいう私もキャッチの言うままに居酒屋に行ったことがあるのですが、まずくて本当後悔したことがあります。「その店のせいやろ!」(キャッチの心の声)

飲み放題を注文したんですけど、まずくて1杯半くらいしか飲めませんでしたし。「お前に酒の味なんかわからんやろ?ただお前が酒に弱いからやろ!」(キャッチの心の声)

 

さっきからキャッチの悪口というより、そのお店の悪口ですね(笑)

 

居酒屋のキャッチは、連れて行ったお客さんの飲食代の何割かがキャッシュバックされる仕組みになっています。だからあれだけ必死なのもわかります。ただね、ただ、

「なんでお前に人生決められなきゃあかんのや」という話です。簡単に言うと。

 

彼らとはその日たまたまそこで会っただけです。お互いがお互いに誰?という関係です。信頼関係なんて一つもありません。彼らにとって重要なのは、お客さんを席の空いている店に連れていくというただそれだけです。ただ重要なのはその点のみです。そこに、お客さんが喜んでくれる店やおいしい店は含まれません。完全な偏見ですみませんが。でも私はそう思います。この世の中は自分の頭で考えない奴は何をするにも損をするように出来ているのです。

日常

Posted by 青山ゆう