オススメ記事

アフィリエイトブログのテーマを決める時にまず問いかけたいこと

ワードプレスのデザインを夢中になっていじっていたら昼を食べるのも忘れていました。こういうのを熱中するって言うのでしょうか?ただ最大のポイントは、結果的に何も変わっていないということです。

こんばんは青山です。

ワードプレスって本当に奥が深いです。私が今さら言うことでもないですが。

やればやるほどもっといろいろなことをやりたくなるし、自分で打ち込んでそれが反映されるのってすごい楽しいなって思って、昼を食べるのも忘れてやっていました。冒頭に書きましたが、結果的に何一つとして目に見える変化はございませんことをここにお伝えしておきます(笑)

アフィリエイトブログのテーマを決める時にまず問いかけたいことです。

好きなテーマにするか?稼げるテーマにするか?

あと、それに加えて、

好きな仕事とそうでない仕事という大きなテーマについても書きます。

 

よく、仕事のアドバイスとして「好きなことを仕事にしなさい」ということを言われますよね。

私はかつて(大学の就活時代)「仕事って時点でもう何も当てはまらないわ」と思っていたのですが、実際に働いてみて思ったのが、「仕事ってけっこう楽しい」ということでした。人間関係では嫌なこともたくさんありますが、仕事そのものに関しては面白かったです。

よく名だたる経営者の自伝本なんかを読むと、「寝る間も惜しんで働いていた」と言うことが書いてあって、以前までは全く共感できなかったのですが、今ならそれもわかります。

経営者っていうのは、自分で会社を興したのならなおさらのこと、その会社に愛着がないわけがないので、そしてまた、やればやっただけお金が入ってくるし、逆にやらなければつぶれるので、もう、働かないという選択肢がそもそもないのだと思います。というよりもわざわざ会社を興すくらいなので、働きたくて仕方がないのだと思います。他の何をしていても気が気でないという状態です。

下っ端の従業員であればつまらないと感じるかもしれませんが、経営者はその判断の一つ一つが大きな意味を持つので、スリルもあるし、うまくいけばすごくうれしくて気分も高まるし、そういうのって、意外に単なる遊びでは味わえないんじゃないかなと私は思ったりします。遊びよりも仕事ってそういう意味なのではないかと。

 

多くの人たちが、好きなことを仕事にするなんて、「そんなにうまくいかないよ」と言って、日々の仕事をやりがいも感じられず我慢してやっているような節がありますけど、私は、人に雇われている状態では、時間も忘れて夢中になって仕事をするのって、けっこう難しいことなのではないかと思います。

多くの人は、自分の好きな(興味のある)特定の仕事、例えば、経理がやりたい、動物と関わる仕事をしたい、を探そうとしますが、本当の問題は、具体的な仕事内容そのものにあるわけではなく、仕事に向かうスタンスにあるのではないでしょうか。

だいたい電話対応ばかりの仕事で、「私この仕事好きだー」とか思えなくないですか?

でも例えば、会社を興したばかりの起業家だったら、毎日かかってくる電話がうれしくてうれしくて仕方がないかもしれません。好きっていうのとはちょっと違うかもしれませんが。

例えば、会社で「うちのブログ書いて」と言われたらめんどくさいですけど、家で自分のブログを書くのは楽しいですよね。

 

私が言いたいのは、人に雇われている限りやりがいを感じるのは難しいのではないかということです。「頑張ってもどうせ・・・・・・」とかなりがちじゃないですか。仕方なくやっている、やらされていると考えたら嫌になりますし。でも従業員であっても、自分の意志で取り組めば、仕事内容は何であれ、楽しめる可能性はあるのではないかと思います。

 

次にアフィリエイトブログのテーマに関してです。

アフィリエイトで挫折する人の多くが、好きなことを仕事にしようとしている(ブログ収入で生活する)まではいいのですが、好きなテーマを選んでいないのではないかと思います。

好きなテーマではなく、稼げそうなテーマを選んでいるのでは?と私は思います。

 

アフィリエイト参入当初は、右も左もわからないながらも、誰もがある程度の収入を得ることを目的に参入するので、それゆえに大切なことを見落としてしまっているのではないかと思います。

大切なこと、

それはアフィエイトで稼ぐために最も大切なことです。

 

お客さんを集めることです。

 

ものすごく当たり前のことですが、この当たり前のことを見落としてしまうがゆえに、ブログのアクセスが取れず、稼げず、やめてしまう人がたくさんいます。

 

もちろん、たいていの人はこのことを意識していると思います。しかし、それ以上に、稼げるか?(このテーマは)ということに意識を取られてしまうために、この罠にはまってしまうのだと思います。

お客さんを集めることが大事だということは誰だってわかるはずです。

であれば、本来問いかけるべきなのは、稼げるか?ということの前に、

 

自分は(そのテーマで)価値を提供し続けられるのか?ということであるはずです。

この問いに正しく答えていないために、アクセスが集まらず、稼げないのではないのでしょうか。

 

仮にですよ、仮にあなたがある映画だったりアイドルだったりをものすごく愛していたとして、そしたらその映画なりアイドルなりの知識はたくさん持っているはずですし、もっともっと勉強して、これからも情報を発信し続けなければならないとしても、それは苦にはならないのではないでしょうか?

でももしも逆に、例えばあなたが男で、稼げそうというだけで、全く興味のない美容ジャンルに参入したとしたら、経験で語れないため薄い情報になってしまうかもしれませんし、アクセスのない中、必死に勉強し続けられますか?

それってけっこうきつくないですか?

稼ぐということなら、人さえ集まれば収益化の策は打てます。しかし、誰も来なければ、そして来てくれる見込みもなく、努力もつらいものになるのであれば、どんなに報酬の高い案件でも意味がありません。

 

稼げるか?というのは自分にとっては非常に大事なことですが、お客さんにとっては関係のない話です。お客さんを集めたければ、価値ある情報を提供し続けなければなりません。

 

ですからまずは

自分は(そのテーマで)価値を提供し続けられるのか?

と自分自身に問いかけなければなりません。

それでは。

好きなテーマと稼げるテーマについてでした。

 

お読みいただきありがとうございました。