オススメ記事

ブログに書くネタがないときにやってみること

「ネタが思い浮かばん」

私はこうしてブログを書いていますが、書くネタが浮かばないときはあります。ブログでなくとも、会社の朝礼や就活の履歴書など、自分の中から何かを捻り出さなければならないことってよくありますよね。

今回は、主にはブログの記事のネタを見つけることを想定していますが、ブログに限らずネタが見つからずに困った時にネタが浮かぶかもしれない方法をあげていきます。

 

行ったことのない場所に行ってみる。普段しないようなことをしてみる。食べたことのないものを食べてみる。


毎日同じような生活をしていたら、そりゃ行き詰まりますよ。そんなときはちょっと趣向を変えて何かに挑戦してみると、新しい発見がきっとあります。1人だと自分の頭の中の枠組みから抜けられない可能性もあるので、誰かを誘って、その人に委ねるという方法もあります。自分だったら絶対に行かないような場所に連れていってくれたりするので。

 

街中を歩いてみる。


やっぱり「ネタが浮かばない」といって家に籠って思い悩んでも、精神衛生上もよくないですよ。そんなときは目的がなくとも外に出ましょう。街中を歩いていろいろなお店や看板、もうあらゆるもの何でも、必死になっておもしろいものを探します。

 

人と話す。インタビューする。


私は人にインタビューする用の質問リストを持っています。ブログに限らず人生そのものに役立つ話もたくさんありますし、良い話を聞くことができれば、何かしらのインスピレーションを得ることが可能です。

 

過去を振り返ってみる。


もうとことん遡ります。子どもの頃から。おもしろいネタが見つかることもあれば、今持っている知識と組み合わせることで一つの記事になることもあります。

 

カラオケに行く。懐かしい曲を聴いてみる。歌ってみる。


これは過去を振り返るというのとちょっと被っています。私がよくやる方法です。単にカラオケが好きなだけというのもあります(笑) 人って、においや特定の曲に触れると、その当時印象的だったものが思い浮かぶという特性を持っているので、あるにおいを嗅ぐと昔付き合っていた人を思い出すことってありますよね?それを利用して、インスピレーションを得ます。

 

本棚を眺める。


本をよく読む人限定ですが。本棚にある本て頻繁に読むわけではないですが、たまに手に取ってみるといろいろな発見があります。これ書いてみようかなと直接的にネタになることもあれば、「うわっ、かなり重要なこと書いてあるじゃん!なんでこんなところに放置してるんだ」といったようにブログを書く上で役立つ戦略を再発見できることもあります。

 

過去に書いたネタを伝え方を変えて利用する。


自分の過去の記事を見直してみたりして、これ使えるなって思ったものを【例を変えたりして】再利用できないか試してみます。

 

悩み相談サイトを覗いてみる


これはかなり実践的な方法です。世の中の人が何に興味があって、今何に悩んでいるのかを知るには最適な方法です。ネット上には匿名ということもあって、リアルな世界では得にくい本音がさらっと置いてあるので勉強になります。

 

つべこべ言わずに黙って書く。


べつに最後だからって投げやりになったわけじゃないですよ?(笑) ネタが思い浮かばない、書けないと嘆いていてもどうにもなりません。まずはパソコンの電源を入れて、画面と向き合ってみましょう。そして何かを書き始めましょう。最初は億劫でもパッと何か思いついて書き始めれば、意外とさらっと書けるものですよ。

以上、パッと思いついたものを書いてみました。