オススメ記事

囚われの労働者たち

 

 

まず、「なんやねんこれっ!」

 

「骨浮彫で今にも餓死しそうやんっ!」

 

 

バンザイのポーズで仲良く写真撮影の前に、「まず何か食わせろよっ!」

 

「はっ!」

 

取り乱してしまい誠に申し訳ありません。

こんなくだらないツッコミをいれるために、この有名な画像を取り上げたわけではありません。

 

「ワレワレハウチュウジンダ」

 

 

そう、我々は囚われの身なのである。

 

 

私はこの画像を見ると、どうも自分自身の会社員の生活と重ね合わせてしまう。

 

決まった時間に家を出て、なんとなく仕事して、本当にやりたいことから目を背けて、ただ毎日を流して歳をとっていく。

 

宇宙人の画像をもう一度見てほしい。

 

うわ~、この態勢はキツイわ。

 

 

あなたが女性ならこの態勢の恥ずかしさがわかるだろう?

 

 

いや男の私でもわかる。

 

 

それを差し引いてもこの態勢はつらい。

 

 

「メッチャキンニクツウ」とか翌日に言われたらたまったもんじゃない。

 

 

 

囚われの労働者は奴隷のように働き、身体は疲れ果て、思考は鈍り、いつしかただ機械のように動くことしかできなくなる。

 

「ココロモカラダモメッチャキンニクツウ」

 

上司に理不尽なことで怒られたとき。

お客からのクレームでズタズタになったとき。

クタクタの残業の後に。

 

この言葉を思い出してみてほしい。

 

 

「メッチャキンニクツウ」

 

「ココロモカラダモメッチャイタイ」

 

そしてそれはあなたのせいじゃない。

 

我々は囚われの宇宙人だ。

しかし、そこから抜け出す方法は必ずある。