オススメ記事

キアヌ・リーブスは死ぬほど幸せだったんじゃないかと思う

キアヌ・リーブスがベンチでご飯を食べる姿が写真に撮られ、一時期話題になったことがありました。それを見た人達の中には「大スターが落ちぶれたものだ」と言う人たちもいました。

キアヌ・リーブスといえば、映画『マトリックス』のヒットで有名になり,世界的スターになった俳優です。

そのルックスはすごくかっこよくて日本でも大人気になりました。

 

しかしその私生活は順風満帆なものではなかったようです。

 

子どもの頃に父親が失踪。

親友を麻薬中毒で失う。

恋人との間に授かった子どもを流産し、その後その恋人も交通事故によりこの世を去ってしまう。

 

そんな多くのつらい経験をしたキアヌ・リーブスは、いつしか身なりを気にしなくなり、ただ「生きること」を大切にする人となったようです。

何かの動画で見ました。

 

私が初めてベンチで食事するみすぼらしいキアヌ・リーブスを見た時、大方の意見と同じように、「仕事ないのかな」「大変そうだな」といった感想を持ちました。

 

でもある時その考えが変わった瞬間がありました。

 

私が仕事を辞めた直後で、

ある日の昼に公園でおにぎりを食べていた時のことでした。

何してんのかわからないですね(笑)

 

昼間の公園はものすごく平和でした。

 

ベンチで仲良く話すカップルがいて、楽しそうに笑う親子がいて、

 

仕事をして忙しく生きている時には気付かなかった光景でした。

 

なぜかその時、キアヌ・リーブスのあのベンチで座る写真が頭に浮かんで、「キアヌ・リーブスはあの瞬間、すごく幸せだったんじゃないか?」と私は思いました。

 

なぜなら、私はすごく幸せだったからです。

 

仕事もなくて、収入も0で、おまけに将来のことも全く見えないのに、私はその瞬間がすごく幸せに感じました。

 

忙しなく流れる環境から少し離れて、カップルや親子の暖かくなるような光景を目にして、私まで幸せになることができました。

 

私はキアヌ・リーブスになったわけじゃないのでもちろん同じではありません。キアヌ・リーブスがその時どう思っていたかも永遠にわからないままです。それでも私はあの瞬間、キアヌ・リーブスはすごく幸せだったんじゃないかと思います。

 

外からでは見えないものもあるものです。