オススメ記事

人に頼ったほうが人生は楽

『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』のバトルGPのDランクをクリアできなかった時の話です。

こんにちは青山です。

世の中には何でも自分の力でやろうとする人と、すぐに人に頼る人がいますが、人生がうまくいくのは、人に頼るのがうまい人だと私は思います。

何でもかんでも人に頼るのは、いざ自分1人でやらなけらばならなくなった時に詰むのでよくないですが、基本的には、自分が苦手なことは得意な人にやってもらったほうがうまくいくし、自分が知らないことは、誰かに教えてもらうのが効率が良いです。

自動車王のヘンリー・フォードは、人に頼るのがうまい人物として知られていますが、もしも、フォードが1から10まで全て自分の力でやろうとしていたら、大きな成功は得られなかったに違いありません。

経営者の自伝を読むと、創業時はある程度創業者のカリスマ性でなんとかなっている節はありますが、成長して管理やら何やら雑務が発生しだすと、優秀な人材の必要性を痛感している場合が多いです。

どれだけ優秀な人であろうとも、1人の力には限界があるってもんです。

 

私がDSのドラクエモンスターズジョーカー2をやっていた時の話です。なぜ今発売から7年近く経っているゲームの話をするのかと言えば、わりと最近始めてプレイしたからです。

私は基本的に、迷ったら攻略を見るタイプですが、ジョーカー2に関しては、ある程度自分で頑張ってみようと思って、進めていました。ところがバトルGPのおそらくDランクくらいだったと思いますが、そこで行き詰まりました。やったことなければわからないと思います。すみません。やったことあればわかると思います。「そこでっ?(笑)」というレベルです。はい、ゲームが不得手なので、序盤で行き詰りました。

もちろん解決方法はいくつかあります。一番わかりやすいのが、レベルを上げるということです。これはシンプルですね。しかし、めんどくさい。時間を使えばレベルは上がります。しかし、めんどくさい。「モンスターのレベルは上がっているが、自分の人間としてのレベルは下がっていく」というループです。まさに無駄な時間を過ごすというやつです。だったら始めからゲームやるなって話ですが。

 

次に考えられる手ですが、配合です。配合というのは、モンスターとモンスターを合体させて、新たなモンスターを生み出すという手です。ドラクエモンスターズの肝となるシステムでもあります。基本的には配合したモンスターは強くなります。しかし、この配合には一定の決まりがあって、何と何を配合するかによって、生まれてくるモンスターが決まっています。強いモンスターを生み出すには、様々な組み合わせを試してみなければなりません。そうです、めんどくさいんです。

 

そこで私はすぐさまネット上に救いを求めました。ネット上には同じ悩みを持った人がどんなときも1人はいるものです。そして、救いの手を差し伸べてくれる人も1人はいるものです。今回も例に漏れず。

 

そして、私はそこに書かれていたオススメのモンスターを連れて戦いを挑みました。

 

すると、

 

楽勝・・・

 

もうそれまでに何度か負けていた自分がふざけていたのかと思うほどに楽勝でした。

 

そしてその時、先人の知恵のありがたみを噛みしめました。

 

人生でやろうとすることには、多くの場合先人がいます。

具体的に全く同じというのでなくとも、共通点を探せば参考になる例はたくさんあります。

成功者の自伝を読むと、多くの成功者が子どもの頃から自分よりも前の時代の成功者の知恵を学び取っている様子が見て取れます。読書家に成功者が多いというのもうなずけます。手探りでいくよりも、成功者のマネをしたほうが早いし、失敗談を知れば同じ轍を踏まずに済みます。

誰にも頼らずに生きるには、私たちの人生は短すぎます。