オススメ記事

部屋を片付けられない人たち。ゴミ屋敷のゴミを掃除しても意味がない。

あなたの部屋は綺麗ですか?部屋を片付けられない人たちがいる。歩く隙間もないくらいに物が散らばっていて、一度使ったものが元の収納場所に戻されることもない。そんな部屋で暮らしている人たちは、どんな問題を抱えているのだろうか?

どうも青山です。

部屋は心の状態を表すとはよく言いますが、本当その通りで、部屋が散らかっていると、ゴミを捨てるのも疎かになって、使ったものを元の場所に戻すのがめんどくさくなって、なんかいろんなことがどうでもよくなってくるんですよね。なので私はいつでも部屋を徹底的に綺麗にしています。人って、新品の綺麗な物はきれいに使おうと思って気を使いますが、汚れていたり傷のある物だと雑に扱うという習性があります。それは部屋も同じで、何もない綺麗な状態だとゴミもすぐに捨てよう、ちゃんと元の場所に戻そうとなりますが、少しでも散らかってくると、雪だるま式にゴミが増えていきます。

部屋の片づけというのは一見すると物が溢れているという物理的な問題に見えますが、実際にはそうではなく、部屋が汚いことの最大の問題は、精神的な問題にこそあると私は思っています。ゆえに、テレビの企画であるような、ゴミ屋敷のゴミを一掃してあげようという試みは意味がないと思います。ゴミをなくせば一時的には綺麗になりますが、ゴミを捨てるのはめんどくさい・使える可能性のある物は取っておく・使った物を元に戻すのはめんどくさいという思考を、ゴミを捨てる・使った物を元の場所に戻すという思考に入れ替えない限りは、一時的にゴミを捨てようが根本的な解決にはならないと思います。

つまりは部屋を片付けられない人に解決策を示すとするなら、思考を入れ替えることに重点を置くべきです。私のオススメはこんまり先生(近藤麻理恵)の本を読むことです。物を捨てられない人は、物を捨てることに罪悪感を感じている場合もあると思うので、そういった思考の入れ替えのためにも、片付けの専門家の教えを学ぶのは効果的かと思います。ベストセラーになった『人生がときめく片づけの魔法』は一度は読んでおくべき本かと思います。

思考の入れ替えの他にも、部屋の状態は心の状態を表すというように、部屋の片づけができない人は、心に何かしらの問題を抱えている場合もあり得ます。過去のトラウマが原因だったり鬱病を患わっていたり。その場合はカウンセリングを受けるというのも一つの手かと思います。以上、ゴミ屋敷のゴミを掃除しても意味がないというよくわからない話でした。