オススメ記事

「成功者は決断が早い」と彼女は言った。「どうもでーす」と私はふざけてみた。

2017年11月12日

時代錯誤も甚だしいと思いつつも、『セーラー服を脱がさないで』をヘビロテしている今日この頃です。どうも青山です。

「今回は成功者は決断が早い」という話題

からの、ブログ運営のテクニックです。

 

「成功者は決断が早い」

かつて私が出会ったある成功者は、メニューを見て食べたいものを決める時に、そんなことを言っていました。成功本の多くに、「成功者は決断が早い」と書いてありますが、本当だったようです。メニューを決めるのにかかわらず。何を決断するのも早かったです。

「仕事が楽しい」とも言っていました。

これも多くの成功者が言っていることですね。

その当時の私はと言えば、仕事に対して、やる気を出さないことにやる気を出していましたし、また、経済的な成功というものにも、さほど興味を持っていなかったので、ふざけながら聞き流していたのですが、今になって思えばもう少し彼女を掘り下げておけばよかったと思わずにはいられません(笑)

決断の早さといえば、

私は、比較的優柔不断なほうですが、身の回りのものを最小限に抑えたり、事前に「迷ったらこうしよう」という答えを用意しておくことで、優柔不断さを周囲に漏らすまいと気を付けています。

例えば、私は洋服をほとんど持っていないので、そのシーズンにほとんど着なかった洋服はすぐに売るので、ヘビロテしているものしか残しません。ですので、出かける時は、数秒あればコーディネイトを決められます。

スティーブ・ジョブズも洋服のパターンは決まっていたそうですね。あのお気に入りの黒のタートルネックのニットを何枚も注文していたそうです。

私はカフェで注文するものは、迷いそうになったらカフェラテと決めています。すごくどうでもいいと思いますが(笑)

 

あなたがもしも決断に時間がかかりがちというのであれば、身の回りをシンプルにしてみるというのも良いですよという話です。

 

よく言われることですが、

どちらを選択しようか迷ったら、大変そうなほうを選ぶというのも、その一つの判断基準ですね。

より成長できそうなほうを選ぶとかもそうです。

 

そういう判断基準を持っておくべきです。

 

ところで話は変わりますが、最近見つけたある2つのおもしろいと感じたブログには1つの共通点があることに気付きました。

それは、書き手がさほどおもしろくないということです。

 

どういうことかというと、ブログの書き手自身のキャラは薄かったのですが、

その代わりに、

【魅力的な登場人物】を登場させていたのです。そして、おもしろい記事になっていたのです。

 

誤解のないように言っておくと、もちろん実際には書き手自身はすごく魅力的な人間でしょう。

ですが、ブログの記事を書く時には、その書き手は、ちょっと変わった登場人物(友人、家族、恋人など)を、客観的に観察する観察者としての目線に徹していました。

 

ちょっと変わったというのがポイントで、例えを挙げると、「ドケチな彼氏とのデート」とか「怒るとオネエ言葉になる彼氏」とかです。この例えは私が今考えたものです。

こういったちょっと変わった人たちを登場させて、魅力的に文章で描くことができれば、「クスっ」と共感してもらえるブログを作れます。

 

他にも例えば、印象的なものを挙げると、世界的ロングセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』もそうです。対称的な2人のキャラクターを登場させることで、ストーリー展開を魅力的にしています。登場人物が【私】のみだったらおそらくつまらないでしょうからね。

ですから、あなたがブログを書いていて、【自分】に限界を感じたら、

まわりのちょっと変わった人に目を向けてみるというのも、オススメですよ。

それでは。

「今回は成功者は決断が早い」という話題

からの、【ちょっと変わった登場人物を】を登場させるというブログ運営のテクニックでした。

 

お読みいただきありがとうございました。