シンプル様

「天才の思考に触れることはできる」IQテストとシンプル様

A「なんだよあのテスト、あんな意味不明な図形わかるかよ」 B「そもそもあんのもので何がわかるんだよ?」 A「せめて面接にはいきたいよな」 声の主に視線を移すと、これぞ就活生です!といったリクルートスーツを着た2人の男性が笑いながら話していた。

「どちら側から見るかで変わることもあるのさ」正しさはないとシンプル様は言う。

「青山君、この世の中では、ある日突然加害者家族になってしまうことがあるのだよ。君自身が加害者になることは考えたくないがね」シンプル様は言った。 「あるいは、被害者・遺族になってしまうこともあるのだよ」

「いつだって I believeさ」無駄なことはないとシンプル様は言う

あなたは子供のころに何か習い事に通っていましたか? 私は書道とかスイミングとかに通っていました。 教育熱心な家庭だと学校終わりは必ず習い事とかありそうですね。私の知人は毎日のように習い事に通わされていたそうです。通わされと書いたのは、その子が「嫌だった」と言っていたからです。

浮気性の手段君と一途な目的ちゃんとシンプル様

あの人の言っていることはコロコロ変わる。だから信用できない。昨日と言っていることが違う。振り回されて疲れる。こんなことは日常で頻繁にある。誰かに対してそう思ったり、自分自身がそう思われたり。そんな気はないのに、芯のない奴だと思われる。一貫性のないものは信用されない。それは当たり前だ。あの子が好きと言っていたあいつが、今日はまた別の誰かが好きと言っている。結局誰でも良いんじゃないか?