ニート

1/2ページ

会社員は会社に守られていると知る必要がある

  会社員は会社に守られている   組織の中にいると忘れてしまうことがあります。自分がいかにちっぽけな存在であるかということをです。取引先に軽くあしらわれた後、会社に戻って席に着くと、「ふわっと」包み込まれるような安心感がありました。「あぁここを出たらそんな安心感もなくなるのか」と思ったら急に不安になったし、会社の文句ばかり言っているどれほどの人たちが、その会社に守られている感 […]

人生とは言わばトンネルの入り口を見つけて出口に向かうようなもの

どんなときでも希望を持ち続けよう! 嫌なことをやり続けると、例えば仕事が嫌だと思いながらもズルズルと続けてその嫌な場所に通い続ければ、いずれは心や体に支障をきたす。何をしても楽しいと感じなくなり、異性を前にしてもドキドキせず、終いには死にたいとさえ感じるようになる。死んだほうがマシだと、生きている意味はないと。