常識

夢を諦めるときがくるとして

こんにちは。 『土竜の唄 香港狂騒曲』観ましたが面白かったです。生田斗真のイケメンぶりが加速していますね。なのにちょっと抜けてる役というのがたまらんですな。それよりパピヨン強すぎじゃないですか?(笑) あと警察署内のトリオもっと出してほしかったですけどね。知らない人はすみませんが。

他の人が歩かない道を行こう!

会計の時に焦ってパソコンを落としました。青山です。 他の人が歩かない道を歩くということ 日本人の国民性は、足並みを揃えて一直線に進むものだという話がありますが、どちらかというと皮肉を込めてそんなふうに言われたりします。常識から外れることを極端に恐れ、その常識を外れる=人生の終わりと勘違いしている節があります。

ムカつく上司にあえて怒られてみるという狂ったスタンス

  どうも青山ゆうです。 今回はムカつく上司にあえて怒られてみようという変態的なスタンスからのお話。 怒られるのが好きだと言う人はほとんどいないだろう。新人は怒られるのも仕事などと世間では言ったりするけれど、それでも実際に怒られれば大抵の人はへこむはずだ。