オススメ記事

線路沿いの物件ってどうよ?音は気になる?

2017年8月2日

 

音に関してはいずれ慣れるからよほど神経質でなければ大丈夫

 

線路沿いの物件に関してはその物件の構造や個人差、気になるタイプかそうでもないかによって変わるので、最終的には住んでみないと、ということになりますが、私個人はそれほど気になりませんでした。線路沿いの物件ならではのメリットもありますよ。

 

曲作りの方法はわかりますが、上司に気に入られる方法がわかりません、青山です。

かつて私は線路沿いの駅徒歩数十秒みたいな物件に住んだことがあるのですが、今引っ越しを考えてて、駅が近い物件を探してるんだけど「実際どうなの?」という人もいると思うので、私なりの考えを勝手に書いていこうと思います。

 

 

気になるか気にならないかで言ったら気になりますね。日中はテレビを見ていたり雑音が多いので意識しなければそれほど気になりませんが、始発が早く終電が遅いと静かな分気になることはあります。あと都内だと電車が頻繁に通るのでその都度意識していると何をするにも集中できません。頭がおかしくなるでしょう。音が気になるか気にならないかで言ったら気になりますが、おそらくほとんどの人は慣れると思います。そう慣れるんですよ。ここがポイントです。私も最初は線路沿いの物件には否定的でした。「気が狂うんじゃないか?」と。ほぼ無職みたいなかんじだったので、「一日中家にいるぞ」と。でも実際すぐに気にならなくなるんですよね。これはそういう物件に住んだことある人に聞いてみたら、全く受け入れられなくてダメだったという人以外は皆、「そうだよね」と共感してくれると思います。意外にすぐ気にならなくなります。

 

  • 他には何かある?

 

たまに「ビクっ」となっていたのが、部屋の中の物が振動で落下した時です(笑)。さすがに普通に置いてある物は大丈夫ですが、ちょっと不安定な状態に置いてある物、説明が難しいですが、立てかけてある箸とかは電車の振動で落下して、「ビクっ」ってなってましたね(笑)。「オバケかよっ!」、「いや電車の振動やん、大丈夫」ってなります。

 

  • 駅が近いというのは最強のメリット

 

線路沿いの物件ですが、当たり前ですが比較的駅に近いですね。私が住んでいたところは、走れば数秒で駅までたどり着けたので、その点はありがたかったです。数秒ですよ?あなたは今15分くらいかけて家から駅までの道を足を痛めながら歩いているかもしれませんが、その苦痛がなくなると考えたらうれしいですよね?

 

  • 家賃が安めって本当?

 

線路沿いの物件ですが、比較的家賃が安めです。それと礼金等の所謂引っ越しの際の初期費用も安めの傾向があると思います。理由としては人気がないからです。線路沿いと聞いただけで多くの人が「うわっ」となってしてしまうのだと思います。

 

あとは当たり前ですが、気になる物件があったら実際に部屋を見せてもらうのが一番ですね。そのとき電車が通るまで待って、「これくらいなら大丈夫そう」となればおそらく住んでみればすぐ慣れますし、「ムリムリこれ絶対無理」となったらやめておけばいいだけの話です。

 

 

日常

Posted by 青山ゆう