オススメ記事

植松努の勇気が出る話。何もやらない奴が手を挙げた奴よりも何かを得ることはない

勇気を持って何かに挑戦したはいいけど、失敗してしまったり人に笑われたりして悔しい思いをしているあなたへ。

ロケット打ち上げの技術者であり起業家でもある植松努さんのスピーチです。

私は挑戦に失敗した後にこれを見て泣きました

こういう大人がいてくれることは日本にとって本当に希望です。

それはビジネスとして日本に与える影響もそうだし、こんなふうに人に勇気を与えられるトークもそうです。

 

植松さんの話を聞くと、「小さく収まっている人生なんて馬鹿らしい」と本当に思います。

大きく生きましょう。失敗しても生きてさえいればどうとでもなります。それよりも挑戦することに意味があります。大きなことを人前で言えば、自分では何もやらない奴らに「どうせ無理だ」と言って笑われるかもしれません。

 

でも何もやらない奴らの意見なんて一切聞く必要がないです。やらない奴が何かをやった奴よりも人生を知ることはありません。つまり何もやらない奴らは、何も知らないということなのですから。