オススメ記事

山田裕二という男を知っていますか?

65歳の彼の職業は〇〇です。

「いくつになっても若く生きよう」というメッセージを、私自身とあなたに送ります。

71歳(2017年)のAV男優 山田裕二をご存知ですか?

 

65歳と言えば・・・、

KFCのカーネルサンダースのことじゃないですよ。

 

『65歳。職業AV男優』の著者でありAV男優である山田裕二さんのことです。

まったくとんでもない男がいるもんです。

 

昨今、若者の草食男子化が叫ばれる中で、一般的に言えば、おじいさんと呼ばれるような歳になって、見た目もおじいさんですが、元気に女性を相手にしているのですから、我々はある意味見習わなければならない方です。

 

この方、52歳まで毛皮屋を経営していて、そりゃもうバブルの頃なんかはとくにブイブイ言わせていたそうです。夜のお店なんかで。

それを、毛皮屋はあまりもうからなくなったというのと、子どもが過程を離れた、家のローンなどもなかったことから、廃業を決め、第二の人生として、AVの道に進むことに決めたそうです。

 

AVの世界って、ある意味男のあこがれみたいな職業ではあるじゃないですか?

 

あなたが完全に草食化していなければ、の話ですが。

 

ところが、現実は過酷そのもの。

まさに肉体労働。そして、拘束時間に対してギャラも少ない。あくまでも女優がメインなので、多少有名であれ、男優は報われないことも多いのだとか。そんな世界で、私や、おそらくあなたよりもずっと年上の男が身体を張っているのです。

 

山田さんに関しては、「お金のため」というよりも、「人生を楽しむため」に働いているそうなので、そこまでお金どうこうは気にしていないそうです。

そして、この山田さん、今はどうかわかりませんが、本に書いてあるところによると、プライベートでも、複数の女性を抱えているのだとか。

本を書いている当時は、その中に22歳の彼女の存在があります。夜のお相手としては、若い子はあまり技術もなく、ガツガツもしていないので、どうも・・・ということらしいのですが。22歳ですよ?ちなみに、20代後半~30代前半くらいが一番良いらしいです。

 

どうですか?

 

この現実に我々は黙っていてもよいのでしょうか?

 

自分があと何十年先にそうなれるのか?という疑問を考える前に、

今どうですか?という話です。

 

今ですら負けているんじゃないですか?

 

あなたがさっき電車で席を譲ったそのおじいさんには、

 

実は彼女が10人いて、毎日のように遊び歩いているのかもしれませんよ?

 

今はそんなこともあり得る世の中です。

 

それに比べて我々若い世代はどうですか?

 

「恋愛とかめんどくさい」

「おごるの嫌」

「告白とか無理です」

「結婚ってお金かかるじゃん」

「そんな性欲ないわ」

とかとか、

 

それじゃますます日本の未来が暗くなるばかりじゃないですか?

女の子が、「男は頼りない」って愛想つかすばかりじゃないですか?

 

私はもう本気で怒りましたよ。山田裕二さんに負けてられません。生涯現役宣言です。

 

お読みいただきありがとうございました。